« 8月最後の週です | トップページ | 住民の気持ちはストレートです »

2006年8月29日 (火)

夕立が強く

8月29日(火)晴れ一時雨:今月が誕生月で運転免許証の交付日でした。過去5年の間に交通違反があったため今回の免許証は3年のものです。午前中は安全運転講習でつぶれ、午後から須崎市で行われた「市町村社会福祉協議会会長等意見交換会」に出席しました。この会は高知県社会福祉協議会が主催し、市町村社会福祉協議会との意見交換を行うもので、高幡地区の5社会福祉協議会から会長・副会長・事務局長などが出席しました。

まず、県社会福祉協議会から県内市町村社協の取組状況や支え合い地域づくり推進事業・災害ボランティアセンター・法人成年後見の取り組みなどについて情報提供があり、後半では意見交換が行われました。特に地域福祉活動計画や小地域福祉活動の精神に意見などが出され、有意義な意見交換会となりました。私たちのしまんと町社会福祉協議会としては、早く地域福祉活動計画策定のための地区懇談会について取り組まねばなりません。

夕方からは、四万十町役場町民環境課などの職員を対象としての公共サービス窓口についての研修会に講師として参加しました。役場東別館での研修会には担当課のみならず、大正支所・十和支所の窓口担当職員など約30名が参加しました。今回の研修目的は「障害のある方に対する心の身だしなみ」をテーマとしたものですが、前段で四万十町における住民や障害者の状況についてデータをもとに話を行いました。

私の話の内容は、気持ちよい窓口サービスを目指しての第一歩として「挨拶と声かけ」が大切と例を挙げて話し、相手の立場に立った窓口サービスに努めることが大切で、それが出来れば障害の方に対するサービスも十分出来ると話させていただきました。より良い窓口サービスが行われる役場となってほしいものです。

« 8月最後の週です | トップページ | 住民の気持ちはストレートです »

NPO・ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕立が強く:

« 8月最後の週です | トップページ | 住民の気持ちはストレートです »