« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

夕立が強く

8月29日(火)晴れ一時雨:今月が誕生月で運転免許証の交付日でした。過去5年の間に交通違反があったため今回の免許証は3年のものです。午前中は安全運転講習でつぶれ、午後から須崎市で行われた「市町村社会福祉協議会会長等意見交換会」に出席しました。この会は高知県社会福祉協議会が主催し、市町村社会福祉協議会との意見交換を行うもので、高幡地区の5社会福祉協議会から会長・副会長・事務局長などが出席しました。

まず、県社会福祉協議会から県内市町村社協の取組状況や支え合い地域づくり推進事業・災害ボランティアセンター・法人成年後見の取り組みなどについて情報提供があり、後半では意見交換が行われました。特に地域福祉活動計画や小地域福祉活動の精神に意見などが出され、有意義な意見交換会となりました。私たちのしまんと町社会福祉協議会としては、早く地域福祉活動計画策定のための地区懇談会について取り組まねばなりません。

夕方からは、四万十町役場町民環境課などの職員を対象としての公共サービス窓口についての研修会に講師として参加しました。役場東別館での研修会には担当課のみならず、大正支所・十和支所の窓口担当職員など約30名が参加しました。今回の研修目的は「障害のある方に対する心の身だしなみ」をテーマとしたものですが、前段で四万十町における住民や障害者の状況についてデータをもとに話を行いました。

私の話の内容は、気持ちよい窓口サービスを目指しての第一歩として「挨拶と声かけ」が大切と例を挙げて話し、相手の立場に立った窓口サービスに努めることが大切で、それが出来れば障害の方に対するサービスも十分出来ると話させていただきました。より良い窓口サービスが行われる役場となってほしいものです。

2006年8月28日 (月)

8月最後の週です

8月27日(日)晴れ:朝から残暑が厳しい日となりました。昨日に引き続いて24時間チャリティの取り組みを行いました。窪川会場は道の駅「あぐり窪川」と四万十ショッピングセンターサンシャイン四万十の2会場で募金受付を行いました。両会場とも9時スタートで、暑い中テントのなかでの募金活動です。会場準備にかかわり、午後からは大正あゆまつり募金会場へ激励に出向きましたが、広い川原でのイベントだけあって大いに盛り上がっていました。しかし、今年の3月での町村合併の影響か規模縮小もささやかれていました。地域のイベントも行政の財政支援が厳しくなるなか、住民の目線に立った行政の人的支援が地域力アップにつながるかもしれません。P8270074 P8270076

窪川会場は18時募金終了とし、2日間にわたるイベントが終了しました。関係者として事故もなく終わったことに安堵しました。しかし、今の経済事情や社会環境から考えたとき、善意による募金のあり方を見つめなおす時期に来ているかもしれません。また、本来の地域福祉を考える機会とも捉えたいものです。

24時間チャリティが終わりました

8月25日(金)晴れ時々曇り:先日に種播きした大根とほうれん草の芽が出ました。10・11月ごろの収穫が楽しみです。夜には私たち窪川町児童福祉協会で運営している若井川保育所の運営についての保護者懇談会を若井川保育所で開催しました。これは、先日に開催したちどり保育所の懇談会に続くもので、少子化の進行で保育園児が少なくなった保育所運営のあり方について保護者の意見を聞くもので、ほとんどの保護者が出席されました。このなかで、地域の小学校があるなかで保育所がなくなることの不安や不便さについて深刻な話がされ、心苦しいなか具体的な方向性を提案しなければならず、重い気持ちを引きずって保育所を後にしました。

8月26日(土)晴れ時々曇り:午後からは黒潮町保健福祉センターにおいて高知県西部NPO支援ネットワーク地域の学習・交流会「持続可能な循環型植物資源(麻)による自立した里山再生構想」を開催しました麻は、かつて日本文化においてなくてはならない作物でした。戦後免許制度の同重と石油製品の普及により衰退、いまでは輸入に頼る作物になっています。しかし石油などの地下資源からバイオマス資源への転換が世界各地で始まっているなかで、麻はその特性から、25.000種もの製品化が可能であるといわれるすぐれた作物です。今回この麻を利用した産業振興に取り組んでいる「高知ヘンプユニオン」の協力を得て、講演会と麻のみ試食会を開催しました。

講演会においては赤星栄志(NPO法人バイオマス産業ネットワーク)氏が、麻を使った産業振興の手法について実物を見せながら話をされ、また丸井英弘(弁護士)氏は法律家の立場で麻の本質や大麻取締法への対応などを詳しく話されました。P8260058 P8260062

講演会の後には、高知ヘンプユニオン会員が調理した麻の実を使った料理の試食会が行われ、日頃口に出来ない料理の数々に舌鼓をうちました。

今後は耕作放棄地と農業従事高齢者が多い中山間地において、麻の栽培ができれば地域の経済活動に新しい風となることも考えられます。法律の運用について研究する価値があると感じました。

夜間には、24時間テレビチャリティ窪川会場でのイベントに参加しました。これはくぼかわボランティア連絡協議会などが中心となって実行委員会を形成し毎年行っているもので、今年も初日は四万十町農村環境改善センターを会場に開催されました。18時からは模擬店がスタートし、18時30分からオープニングセレモニーが行われ、和太鼓「志鼓倶」の太鼓演奏に続き、実行委員長挨拶・四万十町長挨拶ののち、保育園児や芸能グループなどに続き、バナナのたたき売りの大道芸が行われ多数の来客者から声援や大きな拍手が湧き上がりました。各グループなどの模擬店もにぎわって早々に完売する店も続出し夜が更けました。P8260065 P8260069 P8260073

2006年8月25日 (金)

蒸し暑い日々が続きます

8月22日(火)晴れ時々曇り:また蒸し暑い日が戻ってきました。午前中は高知県西部NPO支援ネットワーク情報誌「西の風」を印刷し発送。内容は今月上旬に行った地域の学習・交流会とNPOの紹介及び事業の予告やエッセイです。多数の方々に読まれることとを期待します。

 夜間には社会福祉法人窪川町児童福祉協会が運営する窪川町志和にある認可外保育所「ちどり保育所」の運営に係る検討会に出席しました。会には保護者、役場担当課職員と保育所長そして窪川町児童福祉協会代表である私が出席し、少子化が進行し保育所としての機能が果たせなくなる恐れの現状について検討を行いました。地区のシンボル的施設でもあり、地区長や今後保育所を利用が予想される若い人などの意見も聴くこととなり、9月に再度意見交換会を行うこととなりました。この保育所は昭和29年認可、53年30名定員で改築ののち少子化に伴い、平成14年度から認可外保育所として運営していたものです。道路事情が悪く、遠隔地でもあり必要性は理解できるものの運営コストなどを考えた場合、重大な決断をすべき時期に来ていることも事実です。頭の痛い課題です。足取りも重く帰ってきました。

8月23日(水)晴れ時々曇り:朝の涼しいうちに畑仕事に汗を流しました。時期としては少し早いものの、私たちが関わっている身体障害者授産施設秋のバザーに出すことが出来ればと、大根の種を蒔きました。午後には用事を兼ねてその授産施設「あさぎり作業所」に出向き、短時間ながら作業ボランティアを行いました。メンバーたちは26.27日の24時間テレビチャリティには頑張るなどど話して活気ある作業風景でした。

夜は私たちで構成している「四万十町みらいネットワーク」主催の定例会に参加しました。今回は四万十町国保大正診療所長山本洋先生を迎え、「終末期医療のあり方」をテーマに講演していただきました。山本先生は大正に来られて今年で10年目とのことで、癌末期患者の終末期の緩和ケアの取り組みを中心に話されました。

この中で山本先生は、「現在はがん告知についてはストレートに行われている。治療についてはどうしてほしいかという患者の気持ちやイメージが大切。」また、今後については「ライフワークは在宅での看取りの手助けをしたい。しかし現実には在宅医療が困難になっている。田舎はマンパワー不足であるがホームヘルパーを中心に世話を確立しなければならない。そのためには経済的に成り立つ制度や地域の仕組みが必要。と語られました。会には30名弱が参加し、熱心に耳を傾けました。P8230054

P8230053

8月24日(木)晴れ:午前から午後にかけて私が在職中に所属していた労働組合の全県下退職者による組合総会が伊野簡易保険保養センターで開催され参加しました。総会後には昼食をかねての交流会が行われ、杯を交わしながら久しぶりの交流を行いました。

夜には黒潮町において、高知県西部NPO支援ネットワーク理事会を開催しました。今回の理事会は年度後半の事業についてや19年度の活動戦略を中心とした話し合いを行いました。またこの中で、県西部でのボランティア・NPO見本市のような事業を年明けに行うことを確認しました。帰宅は21時過ぎ。ビールの味がと言いたいところですが、発泡酒の味が今ひとつ。晩酌には本物のビールが飲みたいものです。

2006年8月22日 (火)

評価の難しさ

8月21日(月)曇り時々雨:台風一過とはいかず、なかなかすっきりした天候となリませんでしたが、夕方には青空も見え夜空には星が顔を出しました。

 午後から高知県庁での「NPOと行政との協働推進事業評価委員会」に出席しました。この会はNPOと県との協働を推進し、より県民の視点に立った公共サービスの提供を図るとともに、より良い地域社会づくりを進めることを目的としており、平成16年度から3年間を期限として実施しているNPOと行政との協働推進事業を評価し、課題を明らかにするために設置されたもので、学識経験者・NPO関係者・県の合計6名で構成されています。

 今回は協働推進事業アンケート(協働推進事業実施団体・県課室・応募団体)にもとづいて議論を行いました。アンケート結果からすると、協働事業については概ね評価が高いものの、一部には戸惑いもあり、今後の事業推進にはより効果の高いものを求められます。次の段階には協働事業を実施したNPOと県課室へのヒアリングを行い、再度評価会で議論を行い報告書作成に取り組むこととなります。ヒアリングについては今月町から9月前半で行う予定となりました。

2006年8月20日 (日)

大雨洪水警報はもっと正確に

8月19日(土)曇り時々雨:心配した台風10号は北九州沖の日本海に進み、ひとまず大きな影響がある心配はなくなりました。が、18・19日と高知県西部高幡地域は雨量は500~700ミリが予想され、大雨洪水警報が発令されました。そうなると1963年や2004年におきた旧窪川町の水害を想定しました。しかしながら少しは強い降雨があったものの、洪水の心配はなく、天気予報機関の警報発令に疑問を感じました。大げさに予報しておければ責任逃れが出来るかのようなあり方に疑問。

 午後から高知会館(高知市)で行われた、高知県自治センター主催による「コミュニティビジネスから地域再生を考える~葉っぱを宝に変えたまち徳島県上勝町に学ぶ~」セミナーに参加しました。セミナーには県内から100名余が参加し、自治センター浜窪副理事長の主催者挨拶ののち、畦地理事から「高齢者が行うコミュニティビジネスがもたらす福祉的効果に関する研究」についてプレゼンテーションが行われました。この中で畦地氏はこれからの地域社会は「福祉産業から産業福祉へ」の取組が必要と語られました。

 メインの講演は「人は誰でも主役になれる -山あいの町に笑顔が咲いたー」と題して、株式会社いろどり横石知二代表取締役副社長(徳島県上勝町)が講演されました。26年前の上勝町の実態(悪い習慣)からの脱却をきっかけにして、“彩”を発見したものの、料理現場を知らなかったことから苦労したものの、現場のヒントをベースに地域の生産者・料理人などの熱意をつなげて現在の企業に成長させた経過を分かりやすく話されました。P8190048

 上勝町は高齢者が地域の産物に付加価値をつけて商品化していることが大きな特徴です。これは商品の価値は小さくても、場面、価値、情報、仕組みを組み立てて自信をもてる商品に完成させていることと話されました。また、高齢者が自信を持って「人は誰でも主役になれる」をキーワードP8190050_1 に上勝好循環型システム(地域ブランドを・知恵を生む・個を育てる)完成に向けての取り組み実践から地域の確立が出来ていることも強調されました。久しぶりの聞く地域づくりへの熱弁に引き込まれました。ポイントは現状打破とそれぞれの出番を作ることと思わずうなったものでした。

2006年8月18日 (金)

徐々に台風の影響が

8月17日(木)雨時々曇り:暴風雨域はないものの足が遅く雨台風といわれる「10号台風」が四国の南を通過し九州方面に進行中。午後から私たちが経営する法人が運営している町内の2小規模保育所の将来展望について、町役場の担当者らと話し合いを行いました。少子化が進行する中での保育所運営と地域ニーズの状況をどう解決していくのか今後の課題です。来週には小規模保育所の保護者との話し合いを予定しました。

 夜間には「くぼかわ保育所」において職員の自主的研修会第2回が開催されました。連続5回の予定の研修会は「ケースマネージメント」をテーマとしており、今回はインテークの目的を研修しました。この中で、①相談者の心理的サポート→二重の不安への対応、②相談者が抱えている問題の理解→信頼関係の形成、③必要最小限の情報収集→求める援助の内容を明らかに、④今後の方針の見極め→スクリーニング・・・について講師より詳しく説明を受け、ロールプレーニングを行いそれを題材に全員で相談記録票に記録するトレーニングをしました。

 後半では3グループに分かれて、相談事案の聞き取りや相談記録票への記入を行うとともに、発表まで取り組みました。次回3回目は現実にある困難事案をベースに問題解決まで取り組めるよう研修のステップアップを図ることとしました。外は時折横殴りの雨が降り、台風の影響が出始めたことをうかがわせました。

2006年8月17日 (木)

台風10号接近

8月16日(水)晴れのち曇り:南の海上に台風10・11号があり、日本本土をねらっています。盆休みの帰省の車が少なくなった夕方から高知市での「こうちNPOフォーラム2006」第3回実行委員会に出席しました。P8160046左上の写真は夕方の高知県庁前

 全体で30名弱の実行委員と事務局体制で今年のフォーラムに取りくんでいます。前々回・前回の実行委員会で日程や実行委員長などを決めたため、今回は全体テーマや分科会テーマを話し合いました。P8160047

 会の進行は田島委員長が行い、全体テーマのコンセプトはNPOの原点をベースにNPOの将来や高知らしさを表せるものとし、次回に具体化することとしました。また、分科会テーマについては、①NPOと行政との協働、②2007年問題 団塊の世代とNPO、③組織(体制)マネジメント、④地域(地縁組織)との関係、⑤NPOの成果発表の分科会とし各担当者も配置しました。今回の実行委員長は真面目だけではなく、素晴らしいキャラクターの持ち主でフォーラムの取組が楽しみです。次回の実行委員会は9月11日(月)です。会議を終わって帰る時刻となると台風の影響かにわか雨となりました。雨に濡れた国道は運転しづらく22時半帰宅なりました。台風10号は四国地方に接近し、大雨を降らしそうです。

2006年8月 9日 (水)

台風がそれて

8月9日(水)晴れ:今日は長崎の原爆記念日。トリプル台風は四国地方をかすりもせず、今日も一日中真夏日となりました。

 午後より四万十市中村の高知県幡多総合庁舎で行われた高知県文化環境部循環型社会推進課主催の「高知県環境基本計画」見直しの意見交換会に参加しました。会には20人弱が参加し、平成9年に出された高知県環境基本計画が10年目を迎えることで、見直しや現状の環境問題を課題に意見交換を行いました。

 会議では環境基本計画のプロセスを確認するとともに、目的達成に向けての手段などについて話し合いました。この中で、新エネルギー・天然アユの遡上量・地場産品の自給率・環境にやさしいまいづくり・エコビジネス市場など地域や分野を越えて環境問題に取り組むことが大切との結論に至りました。

2006年8月 8日 (火)

朝夕は涼しいものの

8月7日(月)晴れ:朝夕は大分涼しさを感じるようになりました。しかしながら昼間の暑さは相変わらずです。南方海上では台風が3個も発生し、うち1個は日本に上陸しそうなもよう。大したことがなければよいのですが。

 夜には四万十町社会福祉センターにおいて「愛は地球を救う・24時間チャリティー窪川海上実行委員会(第2回)」が開催されました。開催の基本部分は第1回実行委員会で決まっており、今回は細部の詰めを中心とした話し合いとなりました。参加者はボランティアグループを主に22名で、熱心に話し合いを行いイベントの成功を誓い合いました。

 また、その後「くぼかわボランティア連絡協議会8月世話人会」が行われ、各グループの情報交換がなされました。

2006年8月 7日 (月)

暑さの中、讃岐で熱く

8月5日(土)晴れ:朝から雲ひとつない夏日となりました。香川県琴平町で5・6日と行われる「四国地域福祉セミナーin香川琴平」に、しまんと町社会福祉協議会役職員5名で参加しました。セミナーは琴平町のホテル「琴参閣」で開催され、約300名の参加となりました。このセミナーのテーマは「四国の地域力~山と川、空と海そこに生きる人とまち~」とし、地域の力を福祉につなげる取り組みの実践を目指しています。

 セミナーの主旨は、21世紀は地方分権の時代、住民参加の時代、行政とNPOとの協働の時代と言われる中、平成の大合併により基礎自治体である市町村の姿だ大きく変わりつつある状況下で、地域の福祉力・地域力を発揮し、地域福祉推進を多くの関係者とともに考えることで、オープニングセレモニーに引き続いてシンポジウム「四国発!これからの地域福祉」が行われました。

 シンポジウムは、日本社会事業大学学長大橋謙策氏をコディネーターに3名のシンポジストから事例発表がなされ、討論を行いました。シンポジストである五島美紀氏(みよし地域包括支援センター)は「みよし地域包括支援センター事業をとおして」の活動や課題を話されました。五島氏は町村合併後の広域での福祉活動の取り組みや問題点・今後求められるの具体的課題を提起されました。続いて福地民子氏(松山市小野地区社会福祉協議会)が松山市南東部に位置する平井町商店街空き店舗を活用して行っている「ふれあいサロン小野」の活動や目指すものを話されました。そして、最後は川西基雄氏(香川県ソーシャルワーカー協会)が「ケアマネージメントからソーシャルワークへ」と題して具体的事例をフィクションで発表し、市・社会福祉協議会・社会福祉法人などの役割の取り組みに問題提起を行いました。大橋先生はそれぞれの事例に対して、地方分権の状況下、地域力が試されているし、住民の幸せは地域でつくる時代となっているとアドバイスされました。

 その後は、3分科会4会場で討論が行われました。私は分科会テーマ『地域のボランティア、住民活動~住民主体の活動ー地域福祉を進める地域の知恵~』に参加したものの、今ひとつ中身に迫力がなく個人的には残念な文化帰途なりました。初日のスケジュール終了後は懇親交流会が行われ、参加した高知県の津野町・梼原町・四万十町のメンバーは最後まで生き生きと交流を楽しむとともに夜遅くまで交流を深めました。

8月6日(日)晴れ:「四国地域福祉セミナー」2日目は各分科会の発表ののち、大橋謙策氏が「地域福祉推進とコミュニティソーシャルワーク」と題して総括講演をされました。この中で大橋氏は、いま社会福祉の主流派地域福祉であり、地域自立生活支援とトータルケアシステムづくりを推進するとともに、コミュニティソーシャルワークの考え方と展開できるシステムが必要と語られ、そのためには社会福祉協議会がより住民に近いところでサービス展開や住民主体の地域づくりに取り組むべきだと熱く語られました。2日間にわたるセミナーは社会福祉協議会関係者のみならず地域住民に将来の地域福祉のあり方を明確に示されたと思います。元気を貰ったセミナーでした。今後わが町で十背に取り組めるかが課題です。

2006年8月 4日 (金)

会議がトリプル

8月3日(木)晴れ:朝方は比較的涼しい一日でした。高知市で午後から3本の会議があり正午前に自宅を出発。

会議その1【高知の移動サービスを考える会世話人会】道路運送法改正を受け、移動制約者へのサービスの新たな展開を探るために9月19日に開催予定の「移動サービスを考えるセミナー」について話し合いを行いました。このセミナーでは基調説明・情報提供として、有償移動サービスの現状と課題や道路運送法改正のポイントを講演いただき、「高知における有償移動サービスのあり方とは」をテーマにシンポジウムを行うものです。少子・高齢・過疎化が進行する県内中山間地域での移動の姿を浮き彫りとしたいものです。

会議その2:【NPOネットワーキング支援事業選考委員会】第2弾は福祉交流プラザから高知市市民活動サポートセンターに会場を移動して選考委員会に出席しました。2件の募集に対して1件の応募となっており、審査の結果企画については目的を達成する内容となっており、採択としました。また、残る1件については9月に再募集を行うこととなりました。

会議その3:【高知県ボランティア・NPOセンター第34回運営委員会幹事会】会には運営委員会幹事の5名と事務局が出席し、2006年度事業の進捗状況の報告に引き続き、高知県ボランティア・NPOセンターの次期3ヵ年戦略を話し合いました。この中で、支援すべきボランティア・NPOの姿として、「社会問題の解決に向けて自発的に行動する市民(ボランティア)、それらの市民が主体となって非営利で活動する組織(NPO)」を想定し重点事業を展開することとしました。その中でNPO支援事業としては、①「市民のチカラ」を活かすNPOの組織基盤の強化支援、②「市民活動のチカラ」が発揮できる協働の支援及びコーディネーションとし、ボランティア活動推進事業では、①災害時に「市民のチカラ」を活かすボランティアコーディネション体制づくり、②「市民のチカラ」を活かすボランティアコーディネーターの配置促進、③「次世代の市民を育む」学習・体験プログラムの創出、普及とし、具体的には全体会ではかり実施することとなりました。

帰宅は22時過ぎとなり、晩酌も少しだけ。

2006年8月 2日 (水)

福ちゃんの講演会

8月1日(火)晴れ:午前中は黒潮町まで障害者デイにこられる方を迎えに。朝から真夏の太陽が照りつける一日となりました。昼をはさんで私たちが活動している高知県西部NPO支援ネットワークの情報誌「西の風」の印刷と発送準備に時間を割きました。県西部120箇所のNPO・行政・企業・そのた団体などに発送しました。

 14時からは四万十町農村環境改善センターで開催された、2006年度四万十町窪川人権教育研究協議会夏季研修会に参加しました。というのは10年以上前から親しくしている重度障害者である稲田福代さんがこの研修会で講演することとなっていて、その応援を兼ねて参加したものです。

 講演は「私は負けない・進行性化骨性筋炎と私」と題しており、彼女が旧西土佐村で育ち、幼少期に200万人に一人と言う難病に侵されてからの今日までを生々しく語られました。

 小学6年で高知県立小鹿園に入園後若草養護学校に転校。そして車椅子生活となっても常に前向きで、アマチュア無線免許取得・全国身体障害者スポーツ大会出場・療養者作品展で知事賞受賞などを経て、1994年4月35歳で現在の四万十町にある重度身体障害施設「オイコニア」に入所。その後は施設内にとどまらず、積極的な活動を展開し、2002年には北海道旅行で航空機単独搭乗を実現し、その後はボランティアや施設職員らとプライベート旅行を実現。私も何度か日帰りや宿泊を伴う旅行に付き合ったものです。

 そして彼女は自分の病気を知ってもらうために、昨年には小冊子「私は負けない」を自費出版するとともに、今年には自力でホームページを開くとともにブログも開設し積極的に活動を展開しています。また、各種会議や研修会等で自分の生き様を講演しており、今回の講演会も参加者の感動を呼び起こしました。ただ、本年4月より施行された障害者自立支援法が障害を持つ彼女たちの生活の幅を狭める結果となっており、人権を守る闘いの必要性も強調されました。稲田福代さんのホームページは「ピノコの部屋」です。私のホームページにリンクしています。

8月2日(水)晴れ:朝は若干涼しかったものの昼前からは真夏日。一日中家でごろごろ。体が鈍ってはと久しぶりにナイターテニスで大汗をかきました。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »