« 真夏の天気となりました | トップページ | 久しぶりの休みでした »

2006年7月16日 (日)

海の風は涼しく快く

7月15日:今日も朝から強い夏日となりました。高知県西部NPO支援ネットワーク主催の「地域の学習交流会in土佐清水」開催への途中、NPO法人あきらめないでが本日開催している障害児者とのふれあい事業を行っている土佐清水市大岐の浜に立ち寄りました。障害児者はP7150009 P7150010 海で波の感触を確かめたり、私たち高知県西部NPO支援ネットワーク理事の提供したシーカヤックに乗って楽しんだり、日頃は経験できないことを体験していました。暑い日中にもかかわらず浜辺を渡る風は涼しく、また多数のスタッフやボランティアが障害児者に関わる様子はほほえましく、快く感じました。この日は貸切で使う許可をえている分譲別荘「サニーグリーン」隣にある温泉をボランティアとして使わせていただき、良質の温泉と海の見えるロケーションに至福のひと時を過ごしました。

 夜7時からは本日本番の「高知県西部NPO支援ネットワーク地域の学習・交流会in土佐清水」を開催しました。会場は土佐清水市養老小学校体育館で、この学校は少子化の影響で2年前から休校中とのこと。今日の学習会は、「夢を海流にのせて」と題して石川仁氏(NPO法人カムナ葦舟プロジェクト)から講演をしていただきました。昼間に葦舟づくりにとりくんだ石川氏は、20歳でアメリカにホームステイしたことを皮切りに世界各国を旅しつつ自分の行き方を確立してきたことなど、ユーモアを交えながら小学生の子どもたちにもわかるような話をされました。P7150012 P7150013

石川氏は世界各国を旅してきた経験を通して一期一会・人とのつながりなど、素晴らしい体験を通しての経験などっを話されました。このなかで石川氏は外国旅行で「荷物の量は不安の量でもある」と話され、また昨年5月8日に土佐清水から就航した葦舟が13日間900Kmを航海したことなど、葦舟に関わる経験を熱く語られました。学習会の後は参加者とともに食事を兼ねた交流会が盛り上がりました。

 実は先月に受けた人間ドッグでアルコール摂取量をセーブするように指摘されており、毎週2日間の休肝日を設けることと決めました。今週はすでに2日間の休肝を達成しているため今夜は飲みながらのブログ書き込みです。これで2週間は休肝日の目標達成。

« 真夏の天気となりました | トップページ | 久しぶりの休みでした »

NPO・ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夏の天気となりました | トップページ | 久しぶりの休みでした »