« 今日も梅雨らしく | トップページ | 真夏の天気となりました »

2006年7月14日 (金)

今日も高知市で

7月13日:梅雨と言うのに結構日照時間が多い一日となりました。午前中はいくらかのんびりしたものの、午後から高知市に出かけました。

今日の任務その1は、高知の移動サービスを考える会世話人会で、会場は県立ふくし交流プラザ四階会議室。今年度事業の中心であるシンポジウムの開催について話しあいました。道路運送法が改正され、有償運送の位置づけが変わることや住民のニーズにともなう運送体系に変化が生じることとなります。しかし、十分な研究と展望を見据えなかれば真の住民の暮らしやすい社会は実現できません。そのために高知の移動サービスを考える会として「シンポジウム」を開催することを決定しました。

また、現在有償の移動サービスを行っている関係者の実技講習と座学の開催についても話し合いを行いました。

シンポジウムは、9月開催を予定し、テーマとしては(仮題)「移動制約者にとって、よりよい移動サービスを展開するには?」とし、概略は次のとおり実施することとなりました。内容が確定次第高知県ボランティア・NPOセンターの「ピッピネット」に掲載されます。

夜には高知市市民活動サポートセンターにおいて、「第12回こうち災害ボランティアネットワーク会議」が開催され、高知県西部NPO支援ネットワークとしては初めて参加しました。この会議は、災害発生時に災害ボランティア関係団体が連携できるよう、各団体の「日常時」または「災害時」の動き方や考え方について意識共有や情報共有を図る場となっています。

今回の会議は、南海地震発生時における「災害ボランティアセンター」の設置・運営のあり方の協議を中心に進められました。今後においても、市町村社会福祉協議会の役割は大きく、日常的に「災害」を想定した体制確立に努めることが必要との意見も出されました。

会議の終了は20時40分。夕食をラーメンで済まして帰宅したのが23時前。高知県西部NPO支援ネットワークも、災害ボランティアセンターの立ち上げ体制を確立することは重要課題としつつ、市町村社会福祉協議会を中心とした地域の支え合い組織の確立が最優先課題と感じました。

« 今日も梅雨らしく | トップページ | 真夏の天気となりました »

NPO・ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日も梅雨らしく | トップページ | 真夏の天気となりました »