« 最終列車で | トップページ | やっと梅雨明け »

2006年7月26日 (水)

ケースマネジメントとは

7月25日(火):梅雨明けを思わせるような暑い1日となりました。午前中は障害者施設の迎ボランティアで、午後は暑さに負けて町役場や社会福祉協議会・喫茶店など涼しい場所を渡り歩き。下の写真は喫茶「ケルン」脇に咲くハスです。

P7250020

 夜には私が代表を努める保育所の職員たちが自主的に行う研修会に参加しました。研修会は「~こども家庭支援のための~『ケースマネジメント』」を学ぶもので、「オイコニア」吉永施設長を講師に4回シリーズで行うというもの。職員・長期臨時職員の約半数である20数名が参加し、第1回はケースマネジメントが必要になった背景や焦点などを理論的に学びました。次回からは各保育所の具体的ケースをもとに課題解決に向けての取り組みを行います。蒸し暑い夜にもかかわらず積極的に研修に取り組む彼女たちに脱帽です。現場の保育に活かせる研修になることを願って。P7250024 P7250023 

« 最終列車で | トップページ | やっと梅雨明け »

NPO・ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケースマネジメントとは:

« 最終列車で | トップページ | やっと梅雨明け »