平成30年度社協決算監査が

5月20日(月)☔:前日には鹿児島県種子島で50年に1度と言われる豪雨があり、登山客などが下山できなくなる出来事が。時間雨量100mlで1日約400mlが降ったとか。

 朝から時折強い風雨の1日となりました。午前からはしまんと町社会福祉協議会平成30年度事業及び決算監査が行われ立ち合いを。昼食をはさんでの監査では指摘や提言をいただき結果的には口頭指導で監査が無事終了しましたが、会の運営や会計面での課題が浮き彫りとなりました。社協の存在は住民にとって必要なものとして安心のシステムでなければなりません。そのためには健全で安定した経営が求められます。まだまだ努力の必要が!!。

 強い雨で畑の野菜が傷つきました。これから実を着けようとしていたミニトマトは枝が折れ、ホウレン草やちりめん白菜はぐんにゃりと。残念です。

2019年5月22日 (水)

2日目は室戸市に

5月18日(土)☁:宿泊のサンピアセリーズで朝食後に室戸市に向かの企画はって出発。途中の田野駅屋で休憩後、室戸市に向かいました。

 昼食は「海の駅:とろむ」で刺身やブリのから揚げ料理に舌鼓を。満腹後にはこの日のメインである「むろと廃校水族館」に。話題性が大きく多くの観覧客が訪れており、混雑していました。廃校活用の施設利用の企画は素晴らしく旅行参加者は大いに楽しんだようです。

 続いて訪れた「室戸ジオパークセンター」でこの施設は新しく、入館料は無料となっており、お遍路さんのナビゲーターともなっています。県外の観光バスも駐車しており、結構にぎわっていました。参加者はアイスクリームを食べたり、お土産を買ったりでゆったりした時間を過ごしたようです。Dsc00662 Dsc00664 Dsc00663 Dsc00665

 帰途では道の駅「やす」と「南国サービスアリア」でトイレ休憩をし四万十町に。途中は雨もなく旅行日和でしたが、四万十町到着時には雨が。参加者は三々五々自宅に。事故もなく参加者は楽しんだ2日間だったようです。

2019年5月19日 (日)

2019障害者連盟一泊旅行スタート

5月17日(金)☀☁:今年で28回目となる「四万十町障害者連盟一泊親睦旅行」の初日は天候に恵まれました。障害者連盟会員34名・家族3名・ボランティア6名・看護師1名・施設職員9名そして社協職員2名の大所帯。

 いつもの宮地観光リフト付き大型バス・四万十町バスそして車いす運搬のワゴン車での旅行は、高知道土佐PAで休憩後まず訪れたのが南国市にある「西島園芸団地」。大型ハウス内は暖かくブーゲンビリアなどの花が咲き、スイカ・メロン・イチゴ・トマトなどが販売されており、甘いミニトマトを買って園内で食べたり思い思いに行動を。最後には集合写真撮影を。Dsc00643

 昼食は南国SAで自由食を。数十名が一気に訪れたものでフードコートは大混雑でしたが約1時間で昼食が終わり、この日の2か所の訪問地である高知市内にある県立図書館「オーテピア」に。この日は図書館が定休日でしたが、科学館は開館しており見学ののち約40分のプラネタリウムの鑑賞を。Dsc00645

 早めに到着したこの夜の宿泊場所「サンピアセリーズ」では夕食まで入浴などでくつろいだ後は大宴会に突入。障害者連盟会長のあいさつに続いてさくら福祉事業会理事長の乾杯挨拶で会は一気に懇親の場に。

 カラオケや歌に合わせての踊りなど参加者は大ハッスル。参加いただいた町健康福祉課副課長も舞台に。楽しい時間が過ごせた後は我が部屋にスタッフなどが集い2次会を。ついに別部屋の者が宿泊することに。楽しい時間が過ごせました。同室で遅い時間まで付き合っていただいた障害者連盟会長には頭が下がります。Dsc00647 Dsc00648 Dsc00655 Dsc00657

2019年5月17日 (金)

オレンジカフェに

5月1 6日(木)☀:午前は田んぼの岸の草刈りをし、その後は畑の野菜を収穫。この時期には野菜の成長が早く、すぐに大きくなり収穫が急がれます。

 昼食後には洗った野菜の水を切り、袋に入れて小規模多機能ホーム香月に持参し施設や職員に使ってもらうことに。その後は毎週第3木曜日に開催されている「オレンジカフェ」でこの日のチーズケーキとコーヒーをいただきましたが、素晴らしい味に舌鼓を。20190516k

 夜間は「令和元年度第1回四万十町総合振興計画審議会」に出席しました。前回には行政評価の答申を行っており、今回の議題は「第2次総合振興計画の推進委ついて(諮問)」で、内容は「人口減少克服及び地方創生の推進に関する施策について ~第2期四万十町まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定に向けて~」となっており、かなり難しい内容となっています。

 事務局からこの総合戦略や人口ビジョン等について説明を受けたのち意見交換を行いましたが、会長としては進行に苦慮したところです。次回の会議は6月下旬ですが、行政が行う総合戦略検証結果に基づき審議会として検証することとなっています。人口減少対策については官民協働の活動として展開がなされなければ困難と思われます。重たい課題を諮問されたものです。

 

最終列車で

5月15日(水)☀:午後からは須崎市で行われた「高幡広域社会福祉協議会連絡協議会総会」に社会福祉協議会職員と出席しました。

 2年間はこの協議会会長だったため議長役を。総会終了後には新会長にバトンタッチ。

 懇親交流会は近くの居酒屋で行われ、30人ほどの社会福祉協議会役職員で交流を解散後には須崎市の会長と常務理事に連れられ市内のスナックで呑みながらカラオケを楽しむことに。我が社協のメンバーは1次会で帰ってしまったので下り最終列車での帰宅となりました。

 

2019年5月15日 (水)

郵政退職者の日帰り旅行

5月13日(月)☀:この日は県西部の職場で勤務した郵政退職者の日帰り親睦旅行に参加しました。

 貸し切りバスは四万十市から宿毛市経由。自分は宇和島市三間町の道の駅「みま」で合流しバスに乗車。松山道を東進ししまなみ海道に。参加者は家族を含め約20名で、吉海町の道の駅「よしうみいきいき館」で豪華な昼食を摂り「吉海町バラ公園」を訪れました。今週末がバラまつりとかでバラの花は満開で大いに目を楽しませてくれました。Dsc00618 Dsc00619 Dsc00620 Dsc00625

 その後は大三島にある「伯方の塩工場」に。塩の製造工程を見学の後には塩ソフトクリームに塩を振りかけて食べましたが美味しくいただきました。塩を使った製品のお土産を買い生口島の耕三寺に。この場所は2年前に四万十町障害者連盟の旅行で立ち寄っていたものの施設内にある「未来心の丘」は足を運んでおらず、今回見物を。大理石庭園で5.000㎡の敷地に約3.000トンの大理石を使ったモニュメントは周囲に調和しています。頂上からは瀬戸内海の景色が眺められました。Dsc00633 Dsc00635 Dsc00638 Dsc00639

 道の駅「みま」で降車したメンバーと夕食は鬼北町広見の「東洋軒」で。この地から自宅まで車で約90分。国道381号は走りやすく好きな道でもあります。

2019年5月13日 (月)

好天に恵まれ

5月12日(日)☀:初夏のような陽気の1日でした。

 午前は辷道・根々崎地区自主防災会総会に出席しました。この自主防災会は2集落で構成されており、38世帯が対象です。しかし自治会同様若い転入者の協力や参加は少なく自治意識が希薄な世帯が気になります。自主防災会会長のリーダーシップでの活動は素晴らしいものがあります。総会は無事に終了となりました。

 午後は老人クラブ連合会「仁井田倶楽部」令和元年度総会に出席しました。このクラブは2011年に仁井田小学校区で開催した「生活支援サポーター養成研修」を受講した方々が単位老人クラブが消滅した後、地域活性化などを目的に小学校区で立ち上げた老人クラブ若手委員会を中心とした組織です。Dsc00617 Dsc00616

 日頃は仁井田小学校との連携に加え、地域とのかかわりに取り組んでいくとの計画が。このような自主的な活動組織の設立や支援が社会福祉協議会の役割と思います。町内全域にこのような自主組織の芽生えに取り組まねばなりません。

 この日は四万十ケーブルテレビ開設10周年記念事業に合わせて社会福祉協議会の地域福祉計画推進委員会健康部会などが取り組む「スポレク四万十」が行われており、3歳と6歳の孫を連れて参加したものの、孫は乗り物に関心がありお爺は振り回されることに。早々に切り上げて小規模多機能ホーム香月を訪れ飼い犬のハリーを見て施設内に入ったら「帰らない」と駄々をこねてお爺を困らせることに。夕方までお爺を疲れさす孫二人でした。

2019年5月12日 (日)

農福連携とは

5月11日(土)☀:午前はトウモロコシの苗を畑に移植。午後に高知市で行われる「こうち連携実践塾~農福連携が生まれた連携秘話を語り合う会~」に出かけよとうJR窪川駅に行くと10時過ぎの列車は「朝の地震の影響で上り特急列車が遅れている」とのこと。ひとまず自宅に帰り発車状況を見守り、11時前に乗車を。

 この日の午後は県民文化ホールでの研修会。安芸市を中心とした農福連携の内容ですが、自殺未遂者支援や地域と医療をつなぐ仕組み作りについての実践発表が行われました。地域共生社会を目指す中から「すべては当事者のために」との理念には感動を。言葉が先走るのではなく、実践に伴う形がどうあるべきか考えさせられる研修会でした。

 チーム安芸は中心メンバーである県福祉保健所職員の力量に依存していますが、今後は仕組みとしてどう機能するのかが課題と感じました。

 終了後には旧新阪急ホテル地下の「須崎魚河岸:魚貴」で懇親交流会を。日ごろ会う機会のない方々との交流は新鮮でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

を目指す中から

管内民児童委員協議会総会後の交流会に

5月10日(金)☀:高知医療センターでの定期健診の日となり、2週間前に取り除いた中心静脈(CV)リザーバーの手術後の抜糸もあります。金曜日ゆえ患者が多く、画像診断から血液採取までが約1時間。診察終了は正午前となりましたが血液検査の結果では肝機能については1年以上にわたって数値は悪かったのが、今回では正常値に。レントゲンの結果も特に異状はなくひとまず安心を。

 Dsc00597 高知道高知IDsc00604 Cから医療センター方面には高速道の工事が進行中で完成が待たれます。

 帰宅後は15時過ぎの予土線列車シマントロッコで四万十町十和地域振興局で行われている「須崎福祉保健所管内民生委員児童委員連絡協議会総会・研修会」に出席しました。研修会の途中からの出席となりましたが、研修内容は「災害」がテーマで大いに参考となる内容でした。

 Dsc00604 終了後には場を「高瀬鮮魚店」に移して懇親交流会が。医療センターでの検査結果が良かったことに気をよくしてアルコール摂取がハイペースに。無事に帰宅したもののその後は意識不明となっていました。

 

2019年5月 9日 (木)

プリンターの買い替え

5月9日(木)☁☔:午前に少しの小雨。

 連休中に使用していたプリンター(EPSON:EP-804A)が廃インク吸収パッドの吸収量が限界となったため、連休明け修理センターに修理依頼を行ったところ2018年9月に部品供給が終了しており、修理不能の回答が。2011年11月に購入しこの間2回の上記修理を依頼したところでした。この機種の操作ガイドを見ると、補修用性能部品の保有期間は5年と記載されており、プリンターといえども消耗品と認識を。

 印刷が出来なくては不便なためインターネット通販で同メーカーのプリンター(EP-711A)を注文し本日到着。前機種のネットで購入価格は3万円近くだったと記憶していますが、今回の機種は1万円余りです。このプリンターも補修用性能部品の保有期間は5年となっています。早速パソコンに接続してテスト印刷を。正常に使用できて一安心です。

«旅行のスタッフ会議が